いつもの植物苑にて(初秋)

朝に出社前に少し写真を撮った日の午後です(9/25) 早めに仕事が終わったため、午後から、いつもの植物園(東京都薬用植物園)へ行きました。 まずは温室とその周辺から。いつも同じような写真ですが、ご覧ください。 …
コメント:20

続きを読むread more

ご近所にて(初秋)

池袋に行った次の日です(9/25) この日も午前中に会社へ(あまり詳しいことは書けませんが超多忙状態)。 記事にする写真が無くなってきちゃったので、出社前にチャチャっと撮影してネタ作りです。 …
コメント:28

続きを読むread more

秋のらん展&ボタニカルフェアにて

サンシャインで行われている「秋のらん展&ボタニカルフェア」に行きました。(9/24) 実はこの日は朝からちょっとした工事立会で会社に行く予定だったのですが、工事業者さんから、 雨の影響で作業は午後からに、ということになり。本当は工事が終わったら行く予定だった本展に時間限定で行ってみました。 時間的には結構な強行…

続きを読むread more

青梅界隈で3

後半のかかしのある田んぼは青梅市の田んぼ。 青梅といっても山間部ばかりではないのだ。 共通データ ソニーα7Ⅱ TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD TAMR…
コメント:22

続きを読むread more

初秋の広徳寺へ

9/16 大悲願寺へ行ったついでと言っては何だが、同じくあきる野市の古刹広徳寺へ。 ハギは駐車場で咲いていたものを撮影。銀杏の黄葉まではまだしばらくかかる。 つづく 共通データ NIKON D800…

続きを読むread more

青梅界隈で2

稲やアサザは羽村市の水田。(タイトルの青梅界隈に偽りありか・笑) もっと長い球もってくればよかった。 共通データ ソニーα7Ⅱ TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD TAMR…
コメント:16

続きを読むread more

青梅界隈で

9/17 三連休初日だが職場へ行かなくてはならない日。 それでも出勤前に、別の意味で一仕事!写真を撮るだけならそんなに時間はかからない。 つづく 共通データ ソニーα7Ⅱ TAMRON 28-75…

続きを読むread more

大悲願寺から周辺へ

仏教のお寺さんなんだから彼岸という字を当てるのかと思ったら悲願の字を当てるところがおもしろい。 私には、伊達政宗の悲願である御家存続のためにこのお寺がかかわっているためと考えると面白い。(過去記事参照) お寺さんの近くの民家でコスモスが奇麗に咲いているところがあったので撮らせてもらう。 …

続きを読むread more

大悲願寺へ

ここのシロハギは伊達政宗が所望したといわれるが、実は伊達家との縁が深いと推測される寺なのである。 興味のある方は昨年の記事のリンクを最後に貼っておきますので是非。 …
コメント:26

続きを読むread more

初秋のころ

キバナコスモスは巾着田からの帰りに 後半は自宅周辺で撮影。もう少し記事数稼がなくっちゃ。いいお天気だしね。 つづく 共通データ NIKON D800 NIK…

続きを読むread more

横沢入りから大彼岸寺へ

9/16撮影 横沢入里山保全地域(あきる野市)の田んぼを撮る。一枚目。昨年来た時にはツリフネソウの大群落があったのだが、 タイミングの問題なのかちょっとしか咲いていなかった。 白ハギで有名な大悲願時は横沢入りのすぐ隣。いや、むしろこちらが主目的。 …
コメント:22

続きを読むread more

巾着田にて3

ここは咲いている範囲は本当はもっと広いのだが、この時見ごろなのは、全体の3分の1くらいかな。ちょうど真ん中編のエリア。 河原にも降りられないように規制してあったりして、撮影アングルが限られてしまうのでこれにて終了。 それでも8時前ぐらいまではいたかな~。 …
コメント:22

続きを読むread more

巾着田にて2

開園時間の7時ちょうどぐらいから入場しているのでお店などはやっていないが、 光の加減はやっぱり朝がいい! シリーズ3までつづく 共通データ NIKON D800 NIKON AF-…

続きを読むread more

巾着田にて

9/16 三連休前だがお休みをもらって(工事対応で土日祝は仕事のため)巾着田へ。 この2年ぐらいは人が来ないように花を刈り取っていたので来るのは3年ぶりぐらいかな? まだ咲き出したばかりだが、写真に撮った一区画はほぼ見ごたえがある。 この日から入場料500円(車の駐車500円)のお支払い。少しは元取らなきゃ。笑…
コメント:20

続きを読むread more

雅叙園から駅まで

五枚目までは雅叙園の風景。そして・・・ 八百屋お七の井戸があったり、行人坂にある大円寺があったりして面白い。 このお寺は八百屋お七の物語の起点になる明和の大火(明和9年2月29日(1772年4月1日))の火元になった寺でもある。 行人坂の名所でもある石造五百羅漢像は明和の大火の犠牲者追悼のために作られたとされて…

続きを読むread more

和のあかり×百段階段2022から7

階段は厚さ約5cmのケヤキ板を使用。 階段で結ばれた各部屋はそれぞれ趣向が異なり、各部屋の天井や欄間には、 当時屈指の著名な画家達が創り上げた美の世界が描かれています。 百段階段ではない雅叙園のほかのスペースにもちょっと行ってみましたが豪華ですよね。 …
コメント:22

続きを読むread more

都立薬用植物園より5

小さな虫たちの競演がおもしろい。マクロでなければとれない世界ですね。 そして、無名子さんのところで初めて見てどこかにないかなと思っていたパパイヤの花にも出会えました。 …
コメント:24

続きを読むread more

和のあかり×百段階段2022から6

さて、頂上の手前から頂上の間へ、そしてまた、戻りますのでいろんな写真が混在しちゃいましたが、 頂上の間では窓が大きくていいですね~。ここが都会だっていうことはしばし忘れてしまいます。 昭和の竜宮城といわれる百段階段の頂上にふさわしいですね! …

続きを読むread more

都立薬用植物園より4

ワタの花はオクラに似ていますね。(あれ、本当にワタだったかな?自信がなくなってきた)後半は園芸コーナーの花です。 つづく 共通データ NIKON D5500 Ta…
コメント:24

続きを読むread more

都立薬用植物園より3

漢字では「午時花」と表記する、ゴジカという花は、落花が奇麗でした。 東南アジアではお茶の代用品としてつかわれていたそうです。 つづく 共通データ NIKON …
コメント:24

続きを読むread more